→ 資料請求 → Eメールセミナー詳細

TOPへ

panHome > スタッフブログ > 住宅資金

住宅資金

住宅ローンと一緒に考えたい保険について。

先日、とある要件で保険会社の人と話していたとき、「他人事ではないなぁ」と思う話を聞きました。
ご存知かもしれませんが、日本人の死因の第一位は「癌」です。
ほとんどの人が「癌」と診断された時、真っ先に今後の家族のことを相談されるそうです。

‐真っ先に「自分の治療」よりも「家族の今後」について考えた‐

まさか自分が、と思わずにはいられない病気の告知。聞いていて他人事ではないと思いました。
一生のうちに「癌」と診断される確立は男性で58%、女性で43%だそうです。

住宅ローンを組むとき、「もしも」に備えて入る保険ですが、
今回は今注目の「ガン保険特約」に注目してみたいと思います。
_________________________________________

前回のテーマでも少し触れましたが、住宅ローンには団体信用生命保険(以下団信)への加入が必須です。
(フラット35は任意ですので、金融機関のケースとして書きます)

最近では、
『ガン診断時などに、ローン残高¥0』というキャッチコピーを目にしたことはありませんか?

所謂、住宅ローンに付随する特約ですが、代表的なものとして

■ガン保障

■3大疾病保障・・・ガン・脳卒中・急性心筋梗塞

■8大疾病保障・・・3大疾病+高血圧性疾患、糖尿病、慢性肝不全、肝硬変、慢性膵炎の5つの重度慢性疾患を加えた保障

■全疾病保障・・・上記服務あらゆる疾病を保障の対象としたもの

などがあります。(金融機関によっては5大疾病や7大疾病というのもあります)

ここで注目すべきが日本人の死因第1位の「癌」です。
最近は「癌」と診断されても必ず(またはすぐに)死亡するわけではない病気になってきています。

しかし、仕事を休んで、治療をしながら、住宅ローンを返済していくのは非常に大変なことです。

そこで、死亡しなくても住宅ローン返済が免除される特約つきの団信が注目されています。

※上記の特約をつける場合、相場で0.3%金利上乗せされるケースが多いです。

【特約つき団信の注意点】

-どの時点で保障を受けられるかという判断基準が銀行によって異なる-

例えばがん保険で比較した場合、

■A銀行 癌と診断されただけでは保険金は支払われない。
「就業不能状態」となってから約12ヶ月間、その状態が継続した場合に限り保険金が支払われる

■B銀行 癌と診断された時点で保険金が支払われる。
就業不能状態にならなくても、12ヶ月待たなくても良いので、ハードルが低いです。


例えば、日本で初めて「ガン団信」を始めたカーディフ生命は、「診断後即保障」でさらに一時金まで出る保障をしています。
関西エリアだと、関西アーバン銀行やみなと銀行、京都信用銀行などが提携しているようです。
ネット銀行でも疾病に備えた様々な商品を取り扱ってますので、如何に「もしも」に備えるか、保障の面から銀行を選択するのも一つかもしれません。

 

住宅資金について考える⑤ セルフチェック-属性(勤続・年収等)編

前回(③団信)前々回(②個信)続き、住宅ローンセルフチェック最終編。

①属性(勤続・年収・雇用形態など)について。

なぜ、この項目を最後にもってきたかと言うと、殆どの営業マンは最初の商談でチェックしているからです。
アンケートに年収を書く欄があったり、勤続年数や雇用形態を聞かれたことはありませんでしたか?
はじめは、「ここまで答えないといけないの・・・?」と戸惑ってしまうかもしれませんが、年収や勤務形態は住宅ローンを組むにあたって基本情報となるため必要です。

サラリーマンと自営業、正社員とアルバイト、これだけでも入り口が大きく異なってきます。

つまり、この①属性は審査の土台に乗るかどうかの一番簡単なセルフチェックというわけです。

会社員であれば、源泉徴収票。自営業やアルバイトであれば確定申告書などの書類を用意して年収をチェックし、
住宅ローンが組めるのか、いくら位の借入が出来るのか。をチェックしてみましょう。

最近では、住宅購入者の若年化傾向もあり、親子で組むローンや贈与に関する特例などもあります。

若いから、頭金が無いから、などで住宅購入を諦めるのではなく、
出来る方法やっていける方法
を自分でしっかりと理解してから進めることが一番大事です。


そして、前回のブログでも書きましたが、①属性(勤務先や勤続・年収)は変わりやすいですが、健康状態や個人信用情報などはそう簡単には変わりません。
やはり健康あって、信頼あってこその住宅ローンだと思います。

まずは簡単に出来るセルフチェックで、住宅資金に関する不安を取り除くことからはじめましょう!!

 

住宅資金について考える④ セルフチェック-個信編

今回からタイトルに内容を追記してみました!

さて、前回の③団信のセルフチェックに続き、
今回は②個信のセルフチェックについて。

個信とは個人情報機関に自分の信用情報を開示するということ。

・・・下記、簡単に補足・・・
....................................................................................................................................................
JICCCIC、全銀協(全国銀行協会)と3機関あります。

ネットで検索と何の情報がどこに載っているか?と書かれていますが、
多少なりとも気になる点があれば3機関とも全て取り寄せて確認した方がよいです。

窓口・ネット(スマホ)・郵送など、開示方法はそれぞれ違いますが、おおよそ1週間程みておけば
全て揃うと思います。
.....................................................................................................................................................

大きなポイントは
  1)今現在、借入している。
  2)過去に延滞の記憶がある。

ですが、これに当てはまるからと言って必ずしもマイナス材料になるわけではありません。

たとえば1)の場合、多くの人が携帯を割賦支払いにされていますが、これもローンの1つとなりますし、
あっ!今月携帯代払い忘れてた!」過去に数回あると、2)に当てはまります。

誰しも一度や二度、払い忘れたりすることはありますが、
明らかな故意と受け取れる場合はダメになってしまいます。

気になる方、また忘れてる支払いやカードが無いか、事前にセルフチェックしてみてはいかがでしょうか?

これはあくまで個人情報になるので、本人が開示しないといけないです。
(書類提出の義務等はありません)

例えばもし、住宅ローンの事前審査を先にして非承認となった場合、
個信の可能性がある場合も本人が開示して確認しなければなりません。
(何を事由に非承認となったか確認するため)

過去の延滞履履歴は〇年で消える。など、ネットで調べると色々出てきますが、
消すには手続きが必要です。(勝手に消えない)

今回の②個信については、なかなか人に相談しずらい内容ですし、
不安があれば一番モヤモヤしてしまう内容です。
だからこそ早めに解決しておいたほうがスッキリします!

補足ですが、
住宅ローンが始まる前に完済する場合は問題ありませんが、完済証明書が必要となります。
また、住宅ローンが始まるまでは新たな借入は避けるべきです。

意外と見落としがち・勘違いしがちなポイントをあげてみました!

ぜひ、参考までに。

 

住宅資金について考える③ セルフチェック-団信編

土地も家もようやく決まったのに、ローンが通らない( ̄□ ̄;)!!
なんて状況にならない為にも、心配な方は事前にセルフチェックしてみるのも1つです。

ポイントは3つ

①属性(勤続・年収・雇用形態など)
②個信(個人信用)
③健康状態(団体信用生命保険)


この中で今回は、③の健康状態について取り上げてみたいと思います。

一番ハードルが低いように見えて、実は一番高いハードル。(だと私は思っています)

①の属性や②の個信(個人信用)でローンに懸念が生じた場合、
もし今回ダメでも、「こうすれば・・・」と対策を一緒に考えて提案することが出来ますが、
③の健康面だけはどうしようも出来ない場合が多いです。

ローンが全くダメになるとまでは行かなくとも、金利が上積みになったり、
減額されてしまったりと、条件がつく可能性も高いです。

会社の健康診断で"要検査"になっている場合は、早めに再検査に行っておいた方が賢明です。
(後に健康診断書の提出も必要となる場合も!)

過去に経験した事例ですと、契約に会社の健康診断に引っかかってしまい、
金利優遇が付かなかったケースがあります。

その方の場合、将来に渡って完治する見込みがありませんでした。
(生死に関わる病気ではないですが、今後、通院・投薬を続けなればならない)

悩んだ結果、金利優遇なしで住宅ローンを進めることに。

「若いときに建てておけばなぁ」と苦笑いで嘆いていらっしゃったのが印象に残っています。



まずは一番簡単なセルフチェックから始めてみましょう!

そして、①・②につづきます。。。





 

住宅資金について考える①

先日、「大手4行、住宅ローン金利一部値上げ...上昇傾向に」というニュースがありました。
固定10年の住宅ローン金利が0.05%引き上げとの事。

銀行の固定を選ぶ方は10年ものが多く、理由として引下後の金利が低いという事があげられます。
大手銀行とかであれば引下後の金利が1.55~1.70%。
これが15年ものになると2.45~2.6%と急に高くなります。

そこでよく10年固定と比較されるのがフラット35です。

省エネルギー性や耐震性などを満たす住宅に対しては35年間▲0.25%の引下(フラット35S)が適用されますが、
9月の金利は1.39%(9割以下)または1.83%(9割越え)なので適用金利(引下後の金利)1.14~1.58%が35年間ずっと...という事になります。




やはり比較するに値する数字が出てきます。。ね。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

・・・・・・と真面目に書きましたが。 

しかしココはせっかくのスタッフブログなのでざっくばらんに書きたいと思います。

今はネット情報時代なので、家を検討されている方の中には「すでに情報収集済み!」の方や勉強されてる方、多いと思います。

実際、不動産営業マンの方が最新の情報に疎い。というのはあるあるな話です。

住宅ローンを組む当事者にとっては、数十年付き合うお金のこと。調べに調べつくすのは当たり前です。
昔はよく「団体信用生命保険という命かけて!」とも言われてた時もありました。
こと、お金に関しては当事者でなければ悩みの度合いは分からないのです。

みんな、住宅ローンの負担を楽にしたいですし、出来ることなら金利を多く払いたくないのが本音。
「これくらいであれば、家を買っても(建てても)やっていけるな!」という安心感がほしい。

10数年という微妙な経験値ではありますが(笑)、
家や土地の金額やオプション価格には細かいのに、いざ住宅ローンの手続きとなると会社の事務続きに流されるまま...の人、意外と多いです。
「(不動産)会社の提携だから~」、「ここしかローン通らないから~」、「時間ないので~」と。
それはそうなんですが、住宅ローンの組み方1つで悩んでいたオプション出来たのにー!!と思う事も多々あるんです。もったいない!



長くなってきたのでココまで、、(突然!笑)


よく聞かれる「みんな、どうやって住宅ローンを選んでるの!?」の質問に、
実体験踏まえながら書いていこうと思います。

とうとうシリーズ化!?頑張ります!



 
 
サービス内容

サービス内容

  • CMサービスのコンセプト
  • 住宅CMサービスとは
  • 業務の範囲と料金
  • 競争入札事例
  • サービス利用者の声
  • よくある質問
企業情報

企業情報

  • 会社概要
  • 新着情報
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記

 
つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の家が選んだ家づくりの理由とは!?

住宅CMサービスの全国ネットワーク

  • 住宅CMサービス広島
  • 住宅CMサービス滋賀
  • 住宅CMサービス京都

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!

 

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!