→ 資料請求 → Eメールセミナー詳細

TOPへ

panHome > スタッフブログ > 住宅ローンと一緒に考えたい保険について。

住宅資金

住宅ローンと一緒に考えたい保険について。

先日、とある要件で保険会社の人と話していたとき、「他人事ではないなぁ」と思う話を聞きました。
ご存知かもしれませんが、日本人の死因の第一位は「癌」です。
ほとんどの人が「癌」と診断された時、真っ先に今後の家族のことを相談されるそうです。

‐真っ先に「自分の治療」よりも「家族の今後」について考えた‐

まさか自分が、と思わずにはいられない病気の告知。聞いていて他人事ではないと思いました。
一生のうちに「癌」と診断される確立は男性で58%、女性で43%だそうです。

住宅ローンを組むとき、「もしも」に備えて入る保険ですが、
今回は今注目の「ガン保険特約」に注目してみたいと思います。
_________________________________________

前回のテーマでも少し触れましたが、住宅ローンには団体信用生命保険(以下団信)への加入が必須です。
(フラット35は任意ですので、金融機関のケースとして書きます)

最近では、
『ガン診断時などに、ローン残高¥0』というキャッチコピーを目にしたことはありませんか?

所謂、住宅ローンに付随する特約ですが、代表的なものとして

■ガン保障

■3大疾病保障・・・ガン・脳卒中・急性心筋梗塞

■8大疾病保障・・・3大疾病+高血圧性疾患、糖尿病、慢性肝不全、肝硬変、慢性膵炎の5つの重度慢性疾患を加えた保障

■全疾病保障・・・上記服務あらゆる疾病を保障の対象としたもの

などがあります。(金融機関によっては5大疾病や7大疾病というのもあります)

ここで注目すべきが日本人の死因第1位の「癌」です。
最近は「癌」と診断されても必ず(またはすぐに)死亡するわけではない病気になってきています。

しかし、仕事を休んで、治療をしながら、住宅ローンを返済していくのは非常に大変なことです。

そこで、死亡しなくても住宅ローン返済が免除される特約つきの団信が注目されています。

※上記の特約をつける場合、相場で0.3%金利上乗せされるケースが多いです。

【特約つき団信の注意点】

-どの時点で保障を受けられるかという判断基準が銀行によって異なる-

例えばがん保険で比較した場合、

■A銀行 癌と診断されただけでは保険金は支払われない。
「就業不能状態」となってから約12ヶ月間、その状態が継続した場合に限り保険金が支払われる

■B銀行 癌と診断された時点で保険金が支払われる。
就業不能状態にならなくても、12ヶ月待たなくても良いので、ハードルが低いです。


例えば、日本で初めて「ガン団信」を始めたカーディフ生命は、「診断後即保障」でさらに一時金まで出る保障をしています。
関西エリアだと、関西アーバン銀行やみなと銀行、京都信用銀行などが提携しているようです。
ネット銀行でも疾病に備えた様々な商品を取り扱ってますので、如何に「もしも」に備えるか、保障の面から銀行を選択するのも一つかもしれません。

 
←前へ
次へ→
 
サービス内容

サービス内容

  • CMサービスのコンセプト
  • 住宅CMサービスとは
  • 業務の範囲と料金
  • 競争入札事例
  • サービス利用者の声
  • よくある質問
企業情報

企業情報

  • 会社概要
  • 新着情報
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記

 
つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の家が選んだ家づくりの理由とは!?

住宅CMサービスの全国ネットワーク

  • 住宅CMサービス広島
  • 住宅CMサービス滋賀
  • 住宅CMサービス京都

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!

 

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!