→ 資料請求 → Eメールセミナー詳細

TOPへ

panHome > スタッフブログ > 住宅資金について考える①

住宅資金

住宅資金について考える①

先日、「大手4行、住宅ローン金利一部値上げ...上昇傾向に」というニュースがありました。
固定10年の住宅ローン金利が0.05%引き上げとの事。

銀行の固定を選ぶ方は10年ものが多く、理由として引下後の金利が低いという事があげられます。
大手銀行とかであれば引下後の金利が1.55~1.70%。
これが15年ものになると2.45~2.6%と急に高くなります。

そこでよく10年固定と比較されるのがフラット35です。

省エネルギー性や耐震性などを満たす住宅に対しては35年間▲0.25%の引下(フラット35S)が適用されますが、
9月の金利は1.39%(9割以下)または1.83%(9割越え)なので適用金利(引下後の金利)1.14~1.58%が35年間ずっと...という事になります。




やはり比較するに値する数字が出てきます。。ね。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

・・・・・・と真面目に書きましたが。 

しかしココはせっかくのスタッフブログなのでざっくばらんに書きたいと思います。

今はネット情報時代なので、家を検討されている方の中には「すでに情報収集済み!」の方や勉強されてる方、多いと思います。

実際、不動産営業マンの方が最新の情報に疎い。というのはあるあるな話です。

住宅ローンを組む当事者にとっては、数十年付き合うお金のこと。調べに調べつくすのは当たり前です。
昔はよく「団体信用生命保険という命かけて!」とも言われてた時もありました。
こと、お金に関しては当事者でなければ悩みの度合いは分からないのです。

みんな、住宅ローンの負担を楽にしたいですし、出来ることなら金利を多く払いたくないのが本音。
「これくらいであれば、家を買っても(建てても)やっていけるな!」という安心感がほしい。

10数年という微妙な経験値ではありますが(笑)、
家や土地の金額やオプション価格には細かいのに、いざ住宅ローンの手続きとなると会社の事務続きに流されるまま...の人、意外と多いです。
「(不動産)会社の提携だから~」、「ここしかローン通らないから~」、「時間ないので~」と。
それはそうなんですが、住宅ローンの組み方1つで悩んでいたオプション出来たのにー!!と思う事も多々あるんです。もったいない!



長くなってきたのでココまで、、(突然!笑)


よく聞かれる「みんな、どうやって住宅ローンを選んでるの!?」の質問に、
実体験踏まえながら書いていこうと思います。

とうとうシリーズ化!?頑張ります!



 
←前へ
次へ→
 
サービス内容

サービス内容

  • CMサービスのコンセプト
  • 住宅CMサービスとは
  • 業務の範囲と料金
  • 競争入札事例
  • サービス利用者の声
  • よくある質問
企業情報

企業情報

  • 会社概要
  • 新着情報
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記

 
つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の家が選んだ家づくりの理由とは!?

住宅CMサービスの全国ネットワーク

  • 住宅CMサービス広島
  • 住宅CMサービス滋賀
  • 住宅CMサービス京都

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!

 

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!