→ 資料請求 → Eメールセミナー詳細

TOPへ

panHome > スタッフブログ > 2018年9月

2018年9月

工事レポ続々♪

連日、台風やら雨やら。天気が不安定ですね。。。
そんな中ですが、現場は着々と工事が進んでいます♪

まずはU様邸
この日、打合せ後に現場に寄ってみると解体工事がとても進んでいました(ノ゚ο゚)ノ
ご覧の通りの曇り模様ですが、雨が止んだ合間を見計らって進めて下さってるそうです!


Clover Cycle
解体工事も終盤に!!

この後、地盤調査をして着工が始まります!楽しみです♪


続いて、Y様邸

上棟した翌日に伺いました!

雨よけの為、ブルーシートのままですが、

午後から天候回復!

Y様が来られる前に2階部分だけブルーシートを外してくださってました。

Clover Cycle
出来立てのお家がチラリと♪

Clover Cycle
1階から見る天井のから見える青空♪今しか見れない景色です。

Clover Cycle
燦々と入る陽が気持ちいいですね!


幼稚園の運動会終わりに来てたYくん、アスレチックのように走り回ってました(*´∇`*)

奥様曰く、まだ自分の家だと認識してないようです(^m^)


いつ気づくかな?楽しみです。


 

住宅コラム

2020年に家の断熱が義務化される。

というのをご存知ですか?

正確には住宅を省エネルギー化することが義務になり、夏や冬の冷暖房を減らすための手段として断熱が必須となるそうです。

(言い換えれば、これまでは断熱のされていない家でも合法だったということです。)

これは2020年以降の新築が対象になるのですが、
最近、断熱リフォームの相談が非常に多いです。
今年の異常気象、そして今からの季節、寒さ対策に備えたいですよね。

ところで、なぜ今日はこのテーマで書いたかと言うと・・・

e戸建てという、いわゆる掲示板みたいなサイトなのですが、
そこで専門家が書いた住宅コラムという特設ページがあり、そこに太田先生の名前が!!

それがコチラ...


しかも、いつのまにか当社のホームページの下の方にリンクまで追加されてたんです!!


第5回までアップされてるのに、全然気づかなかった・・・σ( ̄∇ ̄;)


今からでも遅くありません!
(むしろ、家づくり検討中・リフォーム検討中の方は、纏め読みが出来るのでおススメ!)

断熱の義務化について、家と健康との繋がりについて、今からでも出来る断熱対策について、
補助金について、とっても分かりやすく解説されてるので、是非ご覧下さい!!


 

住宅資金について考える⑤ セルフチェック-属性(勤続・年収等)編

前回(③団信)前々回(②個信)続き、住宅ローンセルフチェック最終編。

①属性(勤続・年収・雇用形態など)について。

なぜ、この項目を最後にもってきたかと言うと、殆どの営業マンは最初の商談でチェックしているからです。
アンケートに年収を書く欄があったり、勤続年数や雇用形態を聞かれたことはありませんでしたか?
はじめは、「ここまで答えないといけないの・・・?」と戸惑ってしまうかもしれませんが、年収や勤務形態は住宅ローンを組むにあたって基本情報となるため必要です。

サラリーマンと自営業、正社員とアルバイト、これだけでも入り口が大きく異なってきます。

つまり、この①属性は審査の土台に乗るかどうかの一番簡単なセルフチェックというわけです。

会社員であれば、源泉徴収票。自営業やアルバイトであれば確定申告書などの書類を用意して年収をチェックし、
住宅ローンが組めるのか、いくら位の借入が出来るのか。をチェックしてみましょう。

最近では、住宅購入者の若年化傾向もあり、親子で組むローンや贈与に関する特例などもあります。

若いから、頭金が無いから、などで住宅購入を諦めるのではなく、
出来る方法やっていける方法
を自分でしっかりと理解してから進めることが一番大事です。


そして、前回のブログでも書きましたが、①属性(勤務先や勤続・年収)は変わりやすいですが、健康状態や個人信用情報などはそう簡単には変わりません。
やはり健康あって、信頼あってこその住宅ローンだと思います。

まずは簡単に出来るセルフチェックで、住宅資金に関する不安を取り除くことからはじめましょう!!

 

住宅資金について考える④ セルフチェック-個信編

今回からタイトルに内容を追記してみました!

さて、前回の③団信のセルフチェックに続き、
今回は②個信のセルフチェックについて。

個信とは個人情報機関に自分の信用情報を開示するということ。

・・・下記、簡単に補足・・・
....................................................................................................................................................
JICCCIC、全銀協(全国銀行協会)と3機関あります。

ネットで検索と何の情報がどこに載っているか?と書かれていますが、
多少なりとも気になる点があれば3機関とも全て取り寄せて確認した方がよいです。

窓口・ネット(スマホ)・郵送など、開示方法はそれぞれ違いますが、おおよそ1週間程みておけば
全て揃うと思います。
.....................................................................................................................................................

大きなポイントは
  1)今現在、借入している。
  2)過去に延滞の記憶がある。

ですが、これに当てはまるからと言って必ずしもマイナス材料になるわけではありません。

たとえば1)の場合、多くの人が携帯を割賦支払いにされていますが、これもローンの1つとなりますし、
あっ!今月携帯代払い忘れてた!」過去に数回あると、2)に当てはまります。

誰しも一度や二度、払い忘れたりすることはありますが、
明らかな故意と受け取れる場合はダメになってしまいます。

気になる方、また忘れてる支払いやカードが無いか、事前にセルフチェックしてみてはいかがでしょうか?

これはあくまで個人情報になるので、本人が開示しないといけないです。
(書類提出の義務等はありません)

例えばもし、住宅ローンの事前審査を先にして非承認となった場合、
個信の可能性がある場合も本人が開示して確認しなければなりません。
(何を事由に非承認となったか確認するため)

過去の延滞履履歴は〇年で消える。など、ネットで調べると色々出てきますが、
消すには手続きが必要です。(勝手に消えない)

今回の②個信については、なかなか人に相談しずらい内容ですし、
不安があれば一番モヤモヤしてしまう内容です。
だからこそ早めに解決しておいたほうがスッキリします!

補足ですが、
住宅ローンが始まる前に完済する場合は問題ありませんが、完済証明書が必要となります。
また、住宅ローンが始まるまでは新たな借入は避けるべきです。

意外と見落としがち・勘違いしがちなポイントをあげてみました!

ぜひ、参考までに。

 

住宅資金について考える③ セルフチェック-団信編

土地も家もようやく決まったのに、ローンが通らない( ̄□ ̄;)!!
なんて状況にならない為にも、心配な方は事前にセルフチェックしてみるのも1つです。

ポイントは3つ

①属性(勤続・年収・雇用形態など)
②個信(個人信用)
③健康状態(団体信用生命保険)


この中で今回は、③の健康状態について取り上げてみたいと思います。

一番ハードルが低いように見えて、実は一番高いハードル。(だと私は思っています)

①の属性や②の個信(個人信用)でローンに懸念が生じた場合、
もし今回ダメでも、「こうすれば・・・」と対策を一緒に考えて提案することが出来ますが、
③の健康面だけはどうしようも出来ない場合が多いです。

ローンが全くダメになるとまでは行かなくとも、金利が上積みになったり、
減額されてしまったりと、条件がつく可能性も高いです。

会社の健康診断で"要検査"になっている場合は、早めに再検査に行っておいた方が賢明です。
(後に健康診断書の提出も必要となる場合も!)

過去に経験した事例ですと、契約に会社の健康診断に引っかかってしまい、
金利優遇が付かなかったケースがあります。

その方の場合、将来に渡って完治する見込みがありませんでした。
(生死に関わる病気ではないですが、今後、通院・投薬を続けなればならない)

悩んだ結果、金利優遇なしで住宅ローンを進めることに。

「若いときに建てておけばなぁ」と苦笑いで嘆いていらっしゃったのが印象に残っています。



まずは一番簡単なセルフチェックから始めてみましょう!

そして、①・②につづきます。。。





 

*S様邸 上棟しました\(^0^)/♪

S様邸が上棟しました!
早速現場へ行って参りました。(*^-^)

住宅CMサービスの垂幕が目印★
(残念ながらこの日は曇り模様だったので少し下ろしてましたが...)

Clover Cycle

ついにお家の骨組みが完成☆

ちょうどお昼休憩だった大工さんに御挨拶して、

ひと足先に家の中を拝見させていただきました。


Clover Cycle
どっしりとした大きなお家がお目見目!♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ

こちらは1階から見た吹き抜け部分です ↓

大きくて、窓からの陽も燦々と入りそうですね!

Clover Cycle
2階へと続く大きな吹き抜け!

少し高台に建つS様邸。2階から景色が最高でした!(^ー^* )


Clover Cycle
山の景色が一望できます♪


こちらは2階のバルコニー側から見た室内 。明るい陽がたくさん入りそうです( ^∇^)

Clover Cycle
2階バルコニーからの室内の様子


ここからどんどん様変わりをしていくので、現場に行くのが楽しみになってきます♪

次回もお楽しみに!

 

住宅資金について考える②

前回は金利の話から住宅資金について触れましたが、
実は支払いの不安を解消するは意外と身近にあったります。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ~ 「衣・食・住」の中で、どこに幸せの比重を置くかは人それぞれ ~

3年前ほどに出会ったあるお客様のお話です。
契約の意向で話が進み、資金相談をさせていただいた際のこと。
正直、「少し頑張らないと」住宅ローンが大変だと感じました。

この「少し頑張らないと」というのは、住宅ローン以外の出費を抑えていかない事には生活が厳しい状態になるということです。

現実的に(契約に)進めば進むほど不安は広がってしまいますし、家建てて生活が困窮しては本末転倒です。
早い段階でお客様に率直にお話します。

すると旦那さんから
「実は自分達でも前から調べてて、無理しているのは分かっているんです。」と。

聞くと数年前からその土地でマイホームを建てる事に憧れ、ご夫婦で話し合って家計を見直したり、
お子様の預け先を探したり、奥様はパート勤めを考えたり、主人に至っては、お酒も減らした!(本人申告ですが(笑))と仰ってました。

ご夫婦の固い決意は契約前でも揺るぐことなく、
その後の打合せでも、上手に希望を纏めていかれました。


そういった経緯で建てられたお客様、今どうされてるかというと、
新しいお家に引っ越されて唯一の楽しみだった月1回の外食が無くなったそうで、

「最近は家にいるのが楽で楽しくて!旦那さんも料理作るようになったので外食はほとんど行きません。」

「毎週末、子供の為にと思って色んなところに出掛けてたのに、家建ててからは無くなりました!
代わりに沢山友達が遊びに来てくれるようになりました!」
と。


この言葉を聞いたとき、じわぁ~と感動しました。(T_T。)

私は勝手に「大丈夫かなぁ」と思ってましたが、毎日豪華なご飯を食べるより、便利に贅沢に暮らすより、ご夫婦にとっては"ここでマイホームを建てること"こそが目標で幸せだったんですよね。

結果的に、家を建ててからのほうが毎月の出費は抑えられたそうでうで、
後からご主人に聞いた話では
「小遣いも少し上がったんです!毎日帰って奥さんが機嫌よくキッチンに立っていると嬉しいです(照)」と。

夢叶って良かったなぁー!と、またまた感動。(ノωヽ。)゚。


皆さんは"衣食住"のどこに比重を置きたいですか?
どうしたら家族が毎日幸せな生活を過ごせるか?考えるのもいいかもしれませんね。

少しテーマとズレたかもしれませんが ・ω・`

ではまた次回!


 

住宅資金について考える①

先日、「大手4行、住宅ローン金利一部値上げ...上昇傾向に」というニュースがありました。
固定10年の住宅ローン金利が0.05%引き上げとの事。

銀行の固定を選ぶ方は10年ものが多く、理由として引下後の金利が低いという事があげられます。
大手銀行とかであれば引下後の金利が1.55~1.70%。
これが15年ものになると2.45~2.6%と急に高くなります。

そこでよく10年固定と比較されるのがフラット35です。

省エネルギー性や耐震性などを満たす住宅に対しては35年間▲0.25%の引下(フラット35S)が適用されますが、
9月の金利は1.39%(9割以下)または1.83%(9割越え)なので適用金利(引下後の金利)1.14~1.58%が35年間ずっと...という事になります。




やはり比較するに値する数字が出てきます。。ね。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

・・・・・・と真面目に書きましたが。 

しかしココはせっかくのスタッフブログなのでざっくばらんに書きたいと思います。

今はネット情報時代なので、家を検討されている方の中には「すでに情報収集済み!」の方や勉強されてる方、多いと思います。

実際、不動産営業マンの方が最新の情報に疎い。というのはあるあるな話です。

住宅ローンを組む当事者にとっては、数十年付き合うお金のこと。調べに調べつくすのは当たり前です。
昔はよく「団体信用生命保険という命かけて!」とも言われてた時もありました。
こと、お金に関しては当事者でなければ悩みの度合いは分からないのです。

みんな、住宅ローンの負担を楽にしたいですし、出来ることなら金利を多く払いたくないのが本音。
「これくらいであれば、家を買っても(建てても)やっていけるな!」という安心感がほしい。

10数年という微妙な経験値ではありますが(笑)、
家や土地の金額やオプション価格には細かいのに、いざ住宅ローンの手続きとなると会社の事務続きに流されるまま...の人、意外と多いです。
「(不動産)会社の提携だから~」、「ここしかローン通らないから~」、「時間ないので~」と。
それはそうなんですが、住宅ローンの組み方1つで悩んでいたオプション出来たのにー!!と思う事も多々あるんです。もったいない!



長くなってきたのでココまで、、(突然!笑)


よく聞かれる「みんな、どうやって住宅ローンを選んでるの!?」の質問に、
実体験踏まえながら書いていこうと思います。

とうとうシリーズ化!?頑張ります!



 
 
サービス内容

サービス内容

  • CMサービスのコンセプト
  • 住宅CMサービスとは
  • 業務の範囲と料金
  • 競争入札事例
  • サービス利用者の声
  • よくある質問
企業情報

企業情報

  • 会社概要
  • 新着情報
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記

 
つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の家が選んだ家づくりの理由とは!?

住宅CMサービスの全国ネットワーク

  • 住宅CMサービス広島
  • 住宅CMサービス滋賀
  • 住宅CMサービス京都

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!

 

住宅CMサービスの著書紹介

家づくりで泣く人・笑う人

家づくりで泣く人・笑う人

あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!

家づくりは人生最大の事業。住宅業界の構造を知ろう!